ヒーリングサロン ピアニシモ

ご挨拶

菊山ひじり 写真

こんにちは、菊山ひじりです。
ピアニシモのサイトにお越し頂きありがとうございます。


ピアニシモは、「現実的スピリチュアル」をモットーに、5000人以上の臨床経験を持つスピリチュアル・セラピスト 菊山ひじり が主催する、本格的なヒーリングサロンです。
現在13年目を迎えています。

 

ご縁あってお会いする皆さまが、心から幸せな現実を創造できるように、各種セッション&セミナーを通じて、自分らしい本来の輝きを取り戻すお手伝いをしております。


もし今あなたが、

ヒーリングイメージ

・不安や悩み・辛いことがあり解決したい
・辛い出来事の意味を知り乗り越えたい
・頑張っても報われないパターンを抜け出たい

・疲れた体や心を癒したい
・軽くスッキリしたい、元気になりたい
・誰かに少し助けて支えてもらいたい

・ネガティブなループを卒業したい
・叶えたい夢があって実現させたい
・運勢を変えて幸せになりたい

そんな風にお考えでしたら、私がお役に立てるかもしれません。

 

不安や悩み・迷いなどは、一人でグルグル考えていてもどうにもなりません。
自分の思考パターンには長年の癖による限界があります
自分では手を尽くしているつもりでも、実は見えていないこと・分かっていないことも沢山あるものです。
その為、なかなかネガティブなループから抜け出せない場合もあるでしょう。
今までの自分が作り出した意識や問題パターンは、今までの自分の思考の枠を超えた、違う枠組み・別の視点からでないと解決しないことが多いのです。

 

例えば、全てを「頭脳思考(顕在意識)だけ」で解決しようと思っても、なかなか難しいでしょう。
表面的な頭脳思考は、意識の中のごく一部でしかありません。
実は私たちの意識は大部分において、潜在意識(無意識・イメージ)に左右されています。
幼い頃のトラウマなどは、その最たるものといえます。
また、「カルマ」とも呼ばれる、潜在意識の中にあるパターンが、問題を作り出している場合もあります。
ですから、自分の心の奥深くに眠る潜在意識のパターンに気づき、そこを変えていかないと解決しない問題もあるのです。


さらに、私たちは「エネルギー的」な存在でもあります。
エネルギーという表現がピンとこなくても、「気の流れ」「空気を読む」というような表現をするとピンとくるのではないでしょうか。
私たちは常に、自分では気づかなくても、周囲のエネルギー(波長、波動、雰囲気)に影響を受けているものです。
家や職場に行くと、何となく重い感じがしたり、気分が落ち込むことはありませんか?
あなたの周囲の人たちの波長がネガティブだったら、知らないうちに影響されていたとしても不思議ではありません。
それを認識せずに、ただ闇雲に頑張っても結果は出ないでしょう。

 

ピアニシモの各種セッション&セミナーでは、こういったことも踏まえながら、現実的な観点とスピリチュアルな観点をバランスよく取り入れています。
スピリチュアルだけ、現実だけ、というのは、どうしてもバランスが偏ります。

現実を生きている限り、現実的な観点は不可欠です。
でも、スピリチュアルな視点も不可欠なのです。

この両方の視点をバランスよく取り入れることで、今までの思考回路の限界・殻を乗り越えた、具体的な解決方法や新しい道が見つかることでしょう。

 

あなたの抱えている問題には、必ずあなたに一番合った解決方法や答えがあります。
その答えを、ご一緒に見つけていければと思います。
あとひと押しのサポートの必要を感じられるのであれば、ぜひサロンへお越しください。
あなたが自分らしい人生を創造していけるように、精一杯のお手伝いができれば嬉しく思います。

 


ピアニシモは、2005年に自宅にて小さな隠れ家サロンとしてスタート致しました。
沢山の方に支えられながら3回の移転を経て、2012年7月より現在のサロンにて活動しております。


12年の間にセッションメニューは大分変わりましたが、基本的なスタンスは変わっていません。
セラピストの役割はクライアントさんが素晴らしい人生を創造するためのお手伝いである、という事を忘れず、 常にクライアントさんの立場に立ち、全てに対して真摯に取り組んでいきたいと思います。


ご不明な点は、どうぞ遠慮なくお問合わせ下さいませ。

あなたにお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

  • サロンイメージ
  • サロンイメージ

プロフィール

菊山ひじり 写真

代表:菊山 ひじり

3月生まれ 魚座 B型

*現実的スピリチュアル・セラピスト

*西洋レイキマスター

*米国催眠療法協会認定

 ヒプノセラピー トレーナー/インストラクター

*米国NLP協会認定

 マスタープラクティショナー

 

幼い頃から敏感で直感が強く、人を見ると大体のことがわかってしまうサイキックでした。
親類に僧侶・修験者・霊能者がいるなど、スピリチュアルな事を当然とする環境で育ちました。


小学生の頃よりタロットを学び、成人してからはOLの傍ら占いの館で タロット占い師として活動。 ヨガ&瞑想を学び、神秘体験をする中でヒーリングや気功・ エネルギーワークと出会いました。

占いの館で何百人もの鑑定をしましたが、占いという手法に限界を感じて 退職。その後は心理学(特にユング派)に興味を持ち、本を読むだけで なく実際にユング派の夢分析に通い、心理学への理解を深めました。

写真


30代に入ってからは「何か人の役に立つ事をしたい」と国際協力分野へ転職。
NGO職員やJICA(国際協力機構)の専門家として仏語圏西アフリカの生活改善プロジェクト等に長期赴任して、 主に母子に対しての衛生知識啓蒙普及活動や女性への識字教育、裁縫などの技術教育に携わりました。

写真

最貧国といわれる厳しい環境の中で、電気も水道も医者もない村に暮らしました。
そして、自らも熱帯熱マラリアに何度も倒れるなど、日本では想像もできない 様々な体験を通して、人間の意識がいかに現実を創造するか、運命とは何か、 生死とは何かを学ぶ機会を得ました。

今までに世界15カ国を訪問。(主に発展途上国)


その経験から、魂が地球に生まれて体験することの意味を肌で感じ、肉体だけではない、魂の存在としての人間について理解を深めました。
またカルマについて深く学び、人種・ 宗教的な観念を超えた世界観を得ることができました。
そして、それらの経験を通して、「意識改革」や「魂の成長」という観点から、何らかの形で貢献したいと願うようになりました。


その後36歳で初出産した後に、私生活での問題なども重なって体調を崩し、病院で検査を受けるも診断結果は「異常なし」。
ところが、無くならない不快な症状がヒーリングによって完治したことをきっかけに、しばらく離れていた魂やエネルギーワークの世界に再び繋がり始め、神秘体験が始まり、元々のサイキック能力を生かした癒しの世界に導かれました。


その後、数名のヒーラーに師事して各種伝授を受け、レイキを始めとする各種ヒーリング手法を修得。 2005年よりヒーラー&セラピストとして本格的な活動を開始。多種多様な症状のクライアントさんの施術・カウンセリングをさせて頂きました。


そのころは主にエネルギーワークを中心に活動していましたが、意識の使い方によってエネルギーに大きな違いが出ることから、潜在意識について学びたくなり、2009年にはABH(米国催眠療法協会)認定のヒプノセラピストとなり、2011年には更にインストラクターの資格を取得。2012年にはNLPマスタープラクティショナーの資格を取得しました。
ヒーリングやリーディングなどのエネルギーワークだけでなく、催眠やイメージを用いて潜在意識にアプローチする癒しの手法についても研究を続けています。


プライベートでは国際結婚・離婚を体験したシングルマザーです。
自ら人生の波風をくぐり抜けてきた経験から、何事にも動じません。
この地上にしっかりと根付き生きていくことこそが、肉体を持って生まれてきた意味だと思っています。

スピリチュアル・神秘の世界に逃げ込むことなく、そのパワーを具体的な現実創造に結び付けていくことを モットーとしています。
一人で解決できない問題を抱えていらっしゃる方が、依存するのではなく、しっかりとご自分の足で立ち、 素晴らしい人生を創造するためのお手伝いができればと、心より願っております。