現実的スピリチュアル・ライフのススメ

Follow Your Heart

ヒーリングな毎日 -kazuki

こんにちは、菊山ひじりです。

その昔、と言っても2年ほど前のこと。
私はいろいろ迷っていました。

頭で考えて、こうした方がいいよな~、と出した答え。
でも何となく違うような・・・という気持ち。
色々な思いが浮かんで、あることを決められずにいたのです。

その時、ふとピアニスト渡辺かづきさんのHPにあるPhoto Gallaryを覗いてみました。
渡辺さんのピアノの音がバックに流れる中、渡辺さんの撮った写真を次々に見ていったとき、1枚の写真に目を奪われました。

小さなてんとう虫が、カリフォルニアポピーの花びらを一生懸命登っている写真。
その写真から溢れ出る自然の波動と美しさに、釘付けになりました。

Follow your heart

その写真のタイトルを見て、私はハッとしました。
私のハートは、何を望んでいるんだろう。。。
頭でばっかり考えて、自分の本当の気持ちは二の次になっていたことに気づきました。
そして次の瞬間、どうするかを決めていました。

自分のハートに従おう。。。

それ以来、それが私の基準となりました。
そしてとうとう、いつかは欲しいな。。。と思っていたその写真を買ってしまいました♪

 

今朝、一緒に注文したもう1枚の写真(Every Moment in Love)共々、我が家にやってきたんですよ(^^)♪
すぐに1枚は玄関に、もう1枚はサロンのピアノの上に飾ったところ、今日お見えになったクライアントさんがすかさず
「あ、この写真!私も大好きなんですよ。凄くいいですよね~!」
とおっしゃって下さり、しばし一緒に見入ったのでした。

皆さんの心にも届いているんだな~と、何だかとても嬉しくなってしまいました。
渡辺かづきさんが撮影した美しい写真は、Photo Galleryのページで見ることができます♪
     ↓
Blissful Music(渡辺かづきさんHP)

 

癒される写真の数々、皆様も是非ご覧になってみて下さいね♪
私にとって、とても大切で意味のある、素敵な写真のご紹介でした(^^)♪

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ

星降る体験・・・

クライアントさんから「至高体験してみたい!」という声を聞くことがあります。
至高体験といってもクンダリーニ昇華や光の体験など、色々あります。
誰でも計画して修行すれば体験できる、というものではないですが、体験に近づくちょっとしたコツもあるように思います。
私が初めて至高体験の一種を体験をしたのは、今から20年も前、ヨガを習っている頃でした。
その頃は毎晩ハタヨガのポーズをして、終わったら瞑想をして。。。と、真面目にヨガ生活をしていました。
ある日、いつものようにポーズを終えて、ゴロンと横になって瞑想を始めました。
まずは全身を弛緩させて、リラックス。。。
そして身体を感じようと頭頂に意識を持っていった時。。。
パッ!!
と頭頂が弾けたように感じたとたん、頭頂からまぶしい銀色に輝く無数の星が降ってきたのです!
気づくと、私は宇宙に浮かんでいました。
真っ暗な空間に、降り注ぐ星。。。身体はグワングワンとうねるような波動に包まれていました。
しばらくその宇宙空間を漂い続け、その感覚を味わいました。
単なるイメージではなく、肌感覚もとってもリアルな、もの凄い体験でした。
当時は「至高体験」ということがあることさえ知らず、ただ無心に瞑想をしていただけでしたので、この体験に本当にビックリしました。
すぐにヨガ教室のインストラクターに報告したのですが、そういう経験がない方だったので、「そうですか。良かったですね~」と軽く流されてしまいました。
あの体験が何なのか説明が欲しかった当時の私には、あまりに物足りない対応で、不満が残ったことを覚えています(笑)。
その後知りましたが、身体の固かった人が、ヨガなどで身体がほぐれてくると、感覚が開いてくるのでこの様な体験をすることがあるそうです。
同様に、クンダリーニが背骨を螺旋状に動く感覚を体験することも少なくないそうです。
つまり、身体へのアプローチをするほうが、感覚を開きやすくなるのですね!
ですから、至高体験をしてみたい!と思う方は、硬い身体で深刻な顔して瞑想していても、ダメですよ~♪
どうぞ身体へのアプローチを忘れずに♪
私達は肉体を持って、この地球に生まれてきているのですから。。。(^^)

カンナの咲く場所♪

こんにちは、菊山ひじりです。

 

私が小さい頃住んでいた家には、カンナの花が植えてありました。
横一列に並んだ4~5本のカンナは、黄色に赤い斑点のついているもので、毎年大きな花を咲かせては、家の象徴のような存在でした。

今でも、子供の頃のことを思い出すと、そこには必ずカンナの風景があります。
カンナは私にとって、居場所の象徴ともいえるかもしれません。

カンナの花は、東京ではなかなか普段見ることがありません。
株が大きく、ちょっと鉢植えというわけにもいきませんから、土地のない東京では植える人も少ないのでしょう。
最近のガーデニングブームでも、カンナは本に紹介されることもほとんど無いようです。
ニョキッと大きいカンナは、今時はあんまり人気がないのかもしれませんね。
ですから、私も自分の家以外のところで、カンナが咲いているのを見たことって、なかったんです。
マリに行くまでは。。。

初めてマリに行ったのは6月後半、雨季の始まりでした。
サハラ砂漠を眺めながら、飛行機でパリから6時間ほど。
やっと到着したマリの首都バマコは、当時は3階建て以上のビルがほとんどない、田舎町のような所でした。

道路も舗装されているのはごく一部で、それさえでこぼこ。。。
暑い風が吹く中、迎えに来てくれた勤務先NGOの四駆に乗って、埃まみれの道を事務所兼宿舎へ連れられていきました。

長旅で身体は疲れていましたが、頭は新しい環境に興奮していて、何だかとっても緊張状態。。。
宿舎に到着して門を入ると、そこには緑溢れる小さな中庭がありました。

さすが外国人住宅、町中とは大違いの、ホッとする美しい空間です。
目の前には濃いピンクの花を沢山つけたブーゲンビリアが茂り、名前の知らない木が数本植えられていました。
その中庭の一番端っこに目をやったとき、鮮やかな色合いにハッとしました。

なんとそこには、真っ赤なカンナが6本ほど、横一列に植えられていたのです!

一気に子供の頃の思い出が蘇ってきました。

生まれた時は天然パーマだったこと。
肌の色が何となく小麦色で、皆に「クロちゃん」と呼ばれていたこと。
そして、何度か見ていたアフリカの夢の風景が、マリそっくりなことも思い出しました。

あ~、ここは私にとって、とても意味がある場所に違いない。。。
そんな確信がありました。

そしてその後、その確信どおり、マリでは沢山の経験をして、沢山のソウルメイトとの出会いもして、深く心に残る場所となったのでした。

その時から今まで、その場所以外でカンナの花を見たことはありません。
私にとっては、とっても意味のある花なんですね。

次に私がカンナが植えられているのを見つけるのは、どこでしょうか。。。
ちょっぴり楽しみです。

 

 

  • メルマガ登録
  • 癒やしのピアニシモ Podcast
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

タグ一覧