現実的スピリチュアル・ライフのススメ

メールで癒されています・・・(^^)

最近、皆様から沢山のメールを頂くようになりました(^^)。
セッションのご感想やその後のご報告もあれば、日々想うことを綴って下さったり、ちょっとした交流のメールもあります。
1通1通のメールに込められた皆さんの想い、そして交流しようと繋がって下さることが、とても嬉しく、ありがたい気持ちで一杯になります。
メールのふとした一言や、暖かな和みの波動。。。
書かれた深い気づきの言葉にハッとすることも多々あり。。。
ヒーラーという立場で皆様と交流させて頂いている私が、メールで届く皆様の暖かいハートに深く癒されております。。。
皆様の素晴らしい感性・深い感受性に感動する毎日です。
そしてハートは刺激され続けて、いつもドキドキしています♪
心のふれあい、交流って、素晴らしいな。。。と思わず涙ぐんだり・・・(笑)
こうして皆様と交流できる幸せをかみしめています。
皆様、本当にありがとうございます!
これからも皆様との更に深く楽しい交流を楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

記憶の連鎖

思い出が無意識に結びついてしまっていて、行動が限定されてしまうことってありませんか?
色々なケースがあると思いますが、まず自分の身体をしっかりと感じて「今ここ」に戻ることで、影響を少なくすることができます。
私の場合は、こんなことがありました。
忘れもしない、あのつわりの日々。。。
妊娠したとき、私はセネガルのダカールに住んでいました。
さっぱりした日本食などどこにも見当たらない、うだるように熱い夏のダカール。。。
入院するほどひどいつわりだった私は、ほとんど何も食べることができず、ひたすらオレンジジュースだけで過ごしていました。
そして気持ち悪さを忘れるために、ともかく気を紛らわそうとして、好きな音楽を聴きまくっていました。
当時のお気に入りは、ドネル・ジョーンズ「U know what’s up」という曲♪

ヒーリングな毎日 -donel

アメリカのブラックミュージックなのですが、今は亡きTLCのレフトアイ(可愛かったですよね!)がラップで参加したデビュー曲で、毎日TVでビデオクリップが放映されるほどヒットしていました。
このCDを入手してからは、毎日この曲を聴いては、吐き気と戦っていましたっけ。。。。
その後つわりが続くまま、日本に帰国したのは妊娠7ヶ月の頃。
帰国して1週間ほどたち、気持ちが落ち着いた頃に、かなり長かったつわりがやっと収まりました。
海外でのストレスも、つわりを酷くしていた原因だったようです。
そして新居に家具がやっと整ったころ、ふとドネル・ジョーンズを聴いてみようと思い、CDを掛けてみました。
すると。。。
うぅぅぅぅぅ。。。。。
ものすごい吐き気が襲ってきました。
そう、どうやらこの曲を聴くと、あのつわりのことを身体が思い出してしまうようなのです。
あまりの気持ち悪さに、ともかくCDを止めるしかありませんでした。
出産後にも何度か聴いてみようとしましたが、やっぱりすごい吐き気が。。。(T_T)
大好きな曲なのに、聴くことができません。。。
ど~すればいいのぉ~??と泣いても、どうにもならなくて。。。
CDはそのまま、押入れの奥深くにしまうしかありませんでした。
最近はプライベートではジャニーズばっかり聴いていましたので思い出すこともなくなっていましたが、先週CDの片付けをしていたときに、ふとまたこのCDが目に留まりました。
大好きな曲だし、もう1度聴いてみたいな。。。という気持ちになり、トライしてみました。
でも、聴こうと思っただけで胃がムカムカして、気持ち悪くなってきました。
そこで、まずは自分の丹田を意識して、今ここにある身体をしっかり感じてみました。
身体の存在、体温、背骨。。。今の身体の状態は、全く問題なし!
そう、つわりはもう終わったこと。
今は今。大丈夫!!
そして身体も気持ちも整えてから、CDをスイッチオン!
すると。。。
ちょっぴり気持ち悪い感じは残っていましたが、吐き気はしませんでした!!ヤッタ~♪
嬉しくて、何回もリピートして聴いてしまいました!
無意識の記憶の連鎖って、本当に影響が大きいのだなぁ~とつくづく感じました。
でも、身体の感覚をしっかりと感じることで、無意識の連鎖を切って、「今ここ」に戻ることができるんですね♪
身体の感覚をしっかり持つことの重要性を改めて痛感した出来事でした。

素敵な神父様♪

昨日のブログで旧約聖書の言葉を引用したら、ふとカトリック教会の思い出が浮かび、夜眠る前はずっとそのことを考えていました。
そう、私は何とカトリックで洗礼を受けているんですね~(^^;)!(もう全然通ってはいませんが。笑)

 

元々は親戚がお寺だったり、幼稚園がお寺だったりして、仏教系の中に過ごしていました。
でも、西洋系霊界(笑)を背景に持っているため、子供の頃から、教会の雰囲気が大好きで、用も無く教会を覗いてみたりしていました。
そしてプロテスタントで洗礼を受けましたが、その後どうもしっくりこなくてカトリックに改宗してしまったんです。

 

当時はマザーテレサがとても注目されていた時期でしたので、私も一時期は修道女になろうかと真剣に考えて、招命のための黙想会なんかに参加したりしていました。
もっとも「私には無理だ」と悟るのにあまり時間はかかりませんでしたが。。。(笑)
過去世で何度も修道女をやっているようなので、懐かしさで思わず通ってしまったのかもしれません。

 

一般的に、教会=清らか=まじめ というイメージを抱かれるかと思いますが、カトリック教会って、実は違うんですね。
と~っても人間的で、愛すべき場所なんです。
プロテスタントですと、割と頭でっかちというか(失礼!)お堅い世界なのですが、カトリックは「同じ教会でもこうも違うのか。。。」とビックリするほど、別物なんです。

 

カトリックでは基本的に幼児洗礼を受ける人が多いということが、違いを生む大きな理由の一つだと思います。
ボンクリ(ボーンクリスチャン、つまり幼児洗礼を受けた人)は、別に本人が望んだわけではなく、たまたまカトリックになっていた。。。という人達なので、クリスチャンは何か特別な善行をしなくてはいけない。。。とか、そういう硬さや気負いがないのです。
だから、行動がとってもナチュラルなんです!

 

そして、私の通っていたカトリック教会の神父様の多くは、国民のほとんどがボンクリというイタリアから来ていました。
ですから、当然行動も何となく人間的で、私の常識を見事ひっくり返してくれました。

 

例えば、私が一番親しかったカルメロ神父様は、とても陽気で気さくで働き者でしたが、どうしても時間が守れないので有名でした。
30分くらいの遅刻は当然で、本人も全然悪びれない(^^;)。
これが日本人神父だったら大問題になるのでしょうが、この神父様、「カルメロ時間」として、それが当たり前、という雰囲気さえ作ってしまっていました。

 

そして、忘れられないもう一人、マリオ神父様
この方、とてもハンサム&低い声がとっても素敵な神父様なのですが、ある日青年会の席で

「神父様もテレビとか見たりするのですか?」

という質問に、ニッコリとこう答えたのです。

もちろん見ますよ!好きなテレビ番組は、「俺達ひょうきん族」です!」←古い(^^;)

え~~~っ??神父様の好きな番組が俺達ひょうきん族??

 

ざわつく青年会一同を無視して、さらに神父様はにこやかに、こう続けました。

「特に、あの最後のざんげがいいんですよ。とても面白い!」

ざ、ざんげって、神父様。。。



青年会一同、あまりの衝撃に一瞬凍っていましたっけ。。。(^^;)

 

 

でもおかげで私は自分の固さが分かり、あ~、もっと根本のところで信仰がしっかりしていれば、別に構わないんだ~!と、とても自由になったのでした。
そして「神父だからこうしないと。。。」という枠にはまるのではなく、自分の好きなことは好きと言える神父様のその感覚を、本当に素晴らしいと思いました。

 

 

この経験は、とかく固くなりがちだった私を、固く狭い価値観の世界から解放してくれました。
私のものの考え方の原点の一部は、この体験にあるんですよ(^^)。
きっと今の私を知る皆さんには、ピン!とくるのではないでしょうか?

 

素敵な神父様達に心から感謝♪なのです♪

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

  • メルマガ登録
  • 癒やしのピアニシモ Podcast
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • FaceBookバナー

タグ一覧