現実的スピリチュアル・ライフのススメ

ニュー・アース

最近は公私ともに非常に忙しい毎日なのですが、そんな時だからこそ自分の充電も心がけていて、以前にも増して沢山の本を読んでいます。
多くの本の中で、具体的に役にたったのはこの本でした。

newearth

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
疎い私は全然知りませんでしたが、著者のエックハルト・トールさんという方は今までにも沢山の書籍を出版されている、とても有名な精神世界のリーダーなのだそうです。
数多くのワークショップなども開催されているそうで、体験に基づいた内容は、確かに非常に役に立ちました。
第一章は「私たちはいますぐ進化しなければならない」というタイトルで、今の地球の精神性について、非常に理論的かつマクロな視点から書かれた内容となっています。
人類の歴史やスピリチュアリティなどについて「今地球上では・・・」という視点オンリーで書かれているので、日常レベルが得意な私にとってはあんまり面白くなかったです(笑)。
ですから、飛ばして読んでしまいました(^^;)。トールさん、スミマセン。
さて、この本では、エゴからいかに解放されるか・・・ということがテーマとなっています。
その為には、
「今に在る」
「本当の自分を見つける」
「何をするかではなく、何者であるか」
ということがポイントであると書かれています。
エゴ(エゴイズム)からの解放の重要性については、ダスカロスをはじめ、多くのスピリチュアルな指導者が言及しています。
しかし、それに取り組む本というのはなかなか見当たりません。
特に最近のスピリチュアルブームでは、エゴの部分についてはあまり書かずに、いかに願望を達成するか、引き寄せるか、というある意味表面的な部分ばかりが強調されているように感じます。
これは、スピリチュアルをビジネスとする場合に、あまり「エゴを乗り越える」みたいな内容だと修行臭くなって受けないからなのでは・・・と思います。
あんまり厳しい事を書くと、よほどの苦行好きでなければ、誰も本を買ってくれませんものね~(笑)
でも、その部分を全く抜きにしては、魂の成長という視点が抜けてしまいますよね~☆
とはいえ、私もエゴについて指摘されると、と~っても耳が痛いですが・・・(^^;)
そういう意味では、この本は適度にエゴについて書いていて、読みやすい本となっています。
また、この本では「ペインボディ」という概念が紹介されています。
これが私には非常に役に立ちました!!
ペインボディとは、私たちが引きずっている過去の古い痛みやその感情(が溜まったエネルギー体)のことをいいます。
ペインボディを無意識に引きずっていることで、私たちは「今に居る」ことができなくなる・・・とこの本では書かれています。
そして、反対に「今に居る」ことでペインボディから解放される・・・と書かれています。
このペインボディの概念を応用して、子供との関係性やどのように子供に対応すればいいかについて書かれているのですが、それはまさに今の私が必要として、求めている内容でした!
実際にこの本を読んでから、その部分を意識して子供に接してみると、子どもの反応やその後の行動が、今までとは全然違いました。
とっても役に立ちましたよ~☆
私にとっては、ペインボディという概念以外の部分では、内容的に何か特に新しいものがあるわけではありませんでした。
恐らく、沢山のスピリチュアル系の本を読んでいらっしゃる方なら「ふんふん」と納得して読み流してしまう内容だと思います。
しかし、これはトールさんの個性なんだと思いますが、非常に男性的なマクロ的な視点が印象的でした。
それなのに書き方が押しつけがましくなく、とても心地よく読める波動の本だと思いました。
普段から日常目線&女性的な私にとっては、自分と非常に違うこの波動がとても刺激になり、良かったですよ。
お子さんとの関係について悩んでいる方にも、ぜひお勧めいたします。
皆様も、もし機会があったらぜひ目を通してみてくださいね♪

今夜は満月ですね♪

fullmoon

今日は満月ですね!
東京ではとても大きく美しい満月が、今東の空を昇ってきています。
今日の満月は、なぜかいつもの満月よりも、更に深く私の心に入ってきました。
何だか良い予感がします。

満月のせいか、今日はある意味とてもエネルギーに満ちて、そして敏感な1日でした。
色々な用事をすませながら、様々な想いが出てきて、まるで締めくくりのような1日だったんです(^^;)。

特に思い浮かんだのは、この1年間にあった色々なことと、それについての自分の心の変化でした。
本当に色々なことがあった1年でした~!(笑)
中にはいまだに解決していない問題もありますが、それでも今の私は本当に満ち足りた幸せな気持ちで毎日を過ごせています。
心はいつも穏やかで、感謝の気持ちでいっぱいです。

1年前は、今のような状態になっているとは思っていませんでした。
同じようにサロンを主宰していますので、表面的には変わっていないのかもしれませんが、深い部分ではとても大きな変化がありました。
1年って短いようで、実は十分に長い時間なんですね。

先日あるクライアントさんがこうおっしゃいました。
「昨年のちょうど今頃は、本当につらいことがあって、もう一生○○する気持ちにはならないだとうと思っていたけれど、今こうして○○を楽しむことができる自分がいて、本当に人生ってわからないですね!こうなるなんて、想像もできませんでした。」
笑顔で楽しそうにそうおっしゃるクライアントさんを見て、私はとてもうれしく思いました。
1年経つと、人生は驚くほど変わっていたりするんです!
人間の人生は本当に奇跡と呼べるような可能性に満ちているんですね。

ですから人生は、決して諦めてはいけません!!

でも奇跡とは、決して力んで「手に入れるぞ!」と頑張れば手に入るものではないのです。
自分に巡ってきた事柄をまずはしっかりと受け止め、日々を大切に生きていくことで、思いもよらないギフトという形でが与えられるのです。

ギフトは、必ずしも現象が変化するという形ではない場合もあるでしょう。
自分の意識の変化によって、同じものを見ても違って見える・・・というギフトの場合もあると思います。
しかし、その意識の変化こそが、実は魂の成長にとって一番必要な変化であり、それによって本当の道が見えてくると思います。

何かを望む時、私たち全員が間違いなく必ず味方にできるもの、それは時間です。
何事にも時があります。
時間が経たなければ成就しないこともあります。
成就するために時間をかけて成長することが、一番大切なことだからなのかもしれません。
ですから、期待しつつも焦ることなく、今の場所で最善を尽くしながら、時が満ちるのを信じて待っていたいものですね♪
その願いが本当に自分の魂の道ならば、必ず叶いますから・・・。

今年も残すところあと1か月半となりました。
最後の締めに向けて(笑)、ちょっと自分を振り返り、内省するのも良いと思います。
今夜は寒いですが(^^;)、暖かい毛布にくるまって、ゆっくりとお月さまの光を浴びながら、瞑想をしようと思います♪
こうしてブログを読んで下さるご縁のある皆様のことも、微力ながら祈らせて頂きますね☆

皆さまもお月さまとのひと時を楽しんでみられてはいかがでしょうか?
今日の満月はすごいパワフルですから、何かの導きがあるかもしれませんよ♪
でも、風邪引かないように、十分暖かくして下さいね(^^)♪

ご相談:学校をつくりたい

無料ご相談に頂いた質問へのお答えです。

少しでも参考になれば幸いです。

なお、無料相談ご希望の方は、ホームページをよくお読みの上お申し込み下さい。



<ご質問>
ひじり先生お元気ですか?
久しぶりにMixiを開いたら、無料の質問をリクエストできることを読んで、家族のことやら、自分のことやらを考えています。
この機会をどうもありがとうございます♪
~中略~
わたしの夢は、学校(学園)をつくることです。
ただいま、保母さんの資格を取りたいと思っています。
その後は、小学生、中学生、高校生の先生になれる教員の資格を取りに再び大学へ 戻ろうと思っています。
昔から、どうしてか、子供のことが気になり、孤児院でお仕事がしたいとも思っています。
大金を得られるようなお仕事についたら、読書感想文などやそれぞれの夢の文章のコンテストを作って(あしながおじさんではないけど)、大きな夢を明確に述べ れる子供には、大学への奨学金制度などをつくれるようにしたいとも思っています 。
~中略~
純粋でずる賢くなく、だけどもこの厳しい社会に対応できないデリケートな神経のアダルトチルドレンみたいな人たちが自活できるような施設もつくれたらいいなぁ~と思っています。
理想ばかり追っ て、目の前のことでがんじらめにならないように、やれるだけのことを満足できるぐらいがんばりたいと思っています。
ひじり先生が、なにかわたしが見落としている部分が見えたら、どうぞ教えてください。ありがとうございました。
(Rさん)
プライバシーに配慮して、一部文章を省略しております。
<お答え>



ご質問をありがとうございました。

「学校を作りたいという夢がある」
「考え方の中に見落としている部分を教えてほしい」

というご質問と解釈して、お答させて頂きますね。
頂いたメールから拝見すると、Rさんは本気で学校を作りたいと思っているのではなく、そういうことに憧れていらっしゃるだけのように感じられます。
もしこれらの夢が「いつか起きたらラッキーだな」と思って憧れている程度のもので、Rさんご自身としては教育に関係するお仕事ができればよいということであれば、保母や教職の資格を取ることも全く問題ありません。
いつか運よく「学校を作る」という人達と知り合い、お手伝いをするという形で夢が実現することもあるかもしれません。
ぜひお勉強を続けていかれたら素晴らしいと思います。
でももし、Rさんが本気で「いつか学校を作ろう」と思っていらっしゃるのでしたら、今の考え方では実現は無理でしょう。
例えば学校を設立する場合、保母や教師の資格を持っていることは、あまり重要ではありません。
なぜなら、保母や教職の資格を取ることと、実際に教育に関係する組織を動かすことは、全く別のことだからです。
学校を設立するというのは、学校を運営する立場になるということであって、学校で教職をすることとは全く分野が違うのです。
具体的に申し上げますと、学校を作るためには、まず場所(土地と建物)を確保しなくてはなりません。
そして学校経営に必要な人数の理事や教員を確保し(継続的な給与支払が伴います)、必要な物品を購入し、生徒を集めるための魅力的な学校理念やカリキュラムを作成して、国の認可を得なくてはなりません。
さらに広告を打って生徒を集めないと、学校は成り立ちません。
そして、軌道に乗せて、継続的に学校経営を続けていかなくてはならないのです。
これが、学校を作るということです。
ですから、学校を作るのに一番必要なのは、これらを総括できるような総合的な知識や経験・実行力でしょう。
もしその為にどうしても教育分野の知識や資格が欲しいのならば、取るべき資格は間違いなく「教育学博士」です。
でも、それよりも必要なのは、資金を集めたり、学校運営に十分な人材を集めたり、国の省庁から学校法人設立の認可を受けることができるだけの、社会的信用と実務能力です。
人生の時間は限られています。
学校を作るという夢を今から実現したければ、保母のや教職の資格を取るよりも、学校をつくるには何が必要なのか、まずは自分の望む学校を作るのに必要な具体的プランを考えてみることが大切です。
そうすれば、その中で何が必要かおのずと見えてきます。
参考までに、実話を2つ。
一つ目は、某有名雑誌で読んだ実話です。
ある専業主婦だった女性が、自分の子供を幼稚園に入れる際に、気に行った幼稚園がなかったので、自分で作ることを決めました。
彼女は専門的に幼児教育を学んだことはなかったそうですが、その持前の実行力で、銀行から資金を調達し、外国人を先生として雇い、アパートの1室を教室としてインターナショナルな幼稚園をはじめてしまいました。
最初は彼女の子供一人しか生徒がいなかったそうですが、口コミでうわさが広がり、現在は園児80名の幼稚園になっているそうです。
もう一つは、私がこの目で見て知っている実話です。
私の友人Fさんは、国際協力分野で女性や子供の教育に携わりたいという夢を持っていました。
短大卒だった彼女は、33歳の時に大学に入り直し、その後修士号、そして博士号を取得しました。
なぜなら、その教育分野の専門家として認めてもらうには、博士にならないと箔がつかないと知っていたからです。
やりたいことがはっきりしていた彼女は、勉強の傍ら自分の専門分野に関連するボランティア活動も積極的にこなし、自分を売り込みました。
そして現在は某大学の准教授として自分の研究室を持ち、海外のボランティア団体を主催し、某有名団体の理事になり、自分の夢見ていた通りの活躍をしています。
これらの例で見ることができるように、何かを実現するためには、目標に対する強いフォーカス力と忍耐力、そして実行力(パワー)が必要です。
あれもこれも・・・と夢をみているだけでは、何一つ実現することはできません。
Rさんは、自分がしたいのは何なのかをもう一度問い直す必要があるかもしれませんね。
そして、まずは夢を一つに絞り、その夢を実現するための具体的な行動に全力で集中してみてはいかがでしょうか?
夢を実現するための努力の中で、楽しみ・苦しみ両方を含んだ様々な体験をなさると思います。
そしてその中で、多くの学びや気づきをされると思います。
人生とは、その学びのためにあると言っても過言ではありません。
どうぞ恐れずに、正面から向き合って下さい。
Rさんのこれからの人生が、実り多いものとなりますように、心からお祈りしております・・・♪



  • メルマガ登録
  • 癒やしのピアニシモ Podcast
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • FaceBookバナー

タグ一覧