現実的スピリチュアル・ライフのススメ

呪術・イニシエーションの魔力:その1

マリ共和国に住んでいた頃体験したお話をいくつか。。。

今でこそ大多数のマリ人はイスラム教徒ですが、マリは元々はアニミズムの国。
精霊を恐れ奉りつつ共存してきましたので、今でも呪術や儀式の伝統は色濃く残っています。

何かの時にはすぐに「おまじない」をしますし、もちろん占いもあります。
首都バマコを歩いていても、街角に何だか奇妙なものが山積みになった屋台があったりします。

「何だろうな~?」と覗き込むと、そこにはカラカラに干からびた猿の頭が沢山ならんでいたり、怪しげな生き物の干物とか、木の棒、得体の知れないものが並んでいます。
色とりどりのビーズで作った紐も一緒に並んでいます。
これらはお守りであったり、呪術に使う道具なのです。

一度「この猿の頭は、なんに使うの?」と聞いてみました。
でも帰ってきた答えがよく分からない。。。(-_-;)
フランス語の単語が分からない上に、店主の発音もすごい訛っていて、全然理解不能でした。

近くにいたマリ人女性が、見かねて分かりやすく説明してくれたのですが、どうやら媚薬っぽい使い方をするようでした。
でも、猿の頭の媚薬って、何だか怖い。。。
一夫多妻制のマリでは、妻達の嫉妬で色々あるのでしょうね~。
夫の愛を独占したという思いは万国共通です☆
自分のものにできるのなら、何でもあり。。。って感じでしょうか。
(誰か猿の頭の使い方をご存知の方いらっしゃいましたら、是非教えてくださいませ。)

さて、こんなマリですから、今でも村では呪術が大活躍しています!
例えば、誰かの財産がなくなったときには、呪術師を呼んで儀式をして、探し出します。
犯人も分かるんですよ!

たまたま私は首都に行っていて、見られなかったのですが(T_T)、私が住んでいた隣村でもバイクがなくなり、呪術師を呼んで儀式が行われました。
村中の人が見守る中、なんと!本当にバイクが探し出され、犯人も捕まったそうです。

この呪術のやりかたは、マリの映画「ひかり(Yelene)」で見ることができます。(レンタルビデオ屋さんにあると思いますので、ぜひ見てね♪)
映画のオープニングで、化粧を施した男の人が数人がかりで太い丸太を抱えて、長老のようなおじいさんに導かれて歩いている、あれです!
あれと全く同じように、丸太を抱えた人達が呪術師と精霊に導かれて、探しているもののところに辿り着くのだそうです。
もっと早くに日程を教えてくれていれば、何とか都合をつけて、首都には行かなかったのにぃ~!!!と、本当に残念です。。。(T_T)

呪術&イニシエーションの話はまだまだ続きます。
続きは、次回♪

 

エネルギーの法則

こんにちは、菊山ひじりです。

 

今日は、自分のやったことって、何らかの形で必ず自分に返ってくる。。。というお話。
もちろん、私が直接知っている、実際にあったお話です。

 

日本に住んでいたある国際結婚夫婦。
外国人のご主人は、日本でいい仕事がなかなか見つからず、日本人妻に養ってもらっていました。
一見幸せそうなカップルでした。

 

が、実は夫は、妻の知らないところでこっそりアルバイトをしていたんです。
それも、かなりの高収入。。。
彼はそれを全て自分のお小遣いとして貯め込み、妻には全く内緒にしていました。

 

ちょっと金融知識のあったその彼は、ユーロの外貨預金の金利の高さに目をつけて、お金を全部、ユーロ外貨預金に振り替えました。
全部で400万円近い金額だったそうです。(どういうアルバイトだ??)

 

当時その話を聞いた私は、何故彼が奥さんに収入のことを隠すのか分かりませんでした。
そして他人にはそれを話す彼のずるさ・不誠実な態度がとても不愉快でした。
誠実な奥さんのことを考えるたびに、なんとも気の毒に思ったのを思い出します。
彼と奥さんの間には、それぞれのカルマや関係・学びあっての事ですから、外野がとやかく言うことではないんですけどね。。。(-_-;)
でも、やっぱり彼のその波動というか、かもし出すエネルギーは大変どす黒く、不愉快なものでした。
「いくら学びと言ったって、こんなことって許されていいのかな~」と、素直に疑問を感じてしまいましたよ。

 

しか~し!!彼の絶好調は長く続きませんでした!!
彼が外貨を買った時期をピークに円が急騰。。。。
彼のお金は全てユーロになってしまっていたので、あれよあれよという間に円換算したときの価値が下がってしまったんです!
預金の金利を考慮に入れても、やっぱり大赤字。。。

 

目先のことしか考えない浅はかな彼は、「これ以上赤字にならないうちに!」と焦り、すぐに預金を解約するため銀行に行きました。
ところが銀行では
「この預金は、1年間は円に戻せません。解約するのならユーロのトラベラーズチェックで出金することしかできません」
と冷たい対応。
ともかく解約のことしか頭にない彼は、その場で手数料を払って(!)、お金をユーロのトラベラーズチェックにしてしまったんです!

 

魔が差すって、こういうことなんでしょうね。。。
案の定、その後少し経ったら、今度は円が急落!
あのまま預金を放っておいたら良かったのに・・・という事態に。。。

 

更に付け加えるならば、彼の出身国はユーロ圏ではないんです。
だから、自国に帰るときにはさらに手数料を払ってあのトラベラーズチェックを換金しなくてはならないんですね。
その時のユーロと自国通貨のレートもありますし。。。一体どうなるか分からない。
まさにボロボロの彼。。。
こんな事なら変な欲を出さず、円で持っていればよかったのに。。。ねぇ。。。

 

頭を抱え込む彼を見ながら、「自分のしたことは、自分に返る。。。」と妙に納得したのでした。
エネルギーの法則は、例外なく、とっても規則正しく働くのですね。。。

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

夕立

ついさっき、東京ではものすごい夕立がありました!

空が一気に暗くなったなぁ~と思ったら、大粒の雨が
ザ~~~~~~~ッ!!!

あせってベランダへ飛んでいきましたが、すでに洗濯物はビショビショ。。。トホホ。。。
今はもう止んでいますが、すごかったですね!

思えば今西アフリカも雨季の真っ最中。。。
一昨日、アフリカにいる夢を見たばっかりだったので、ついつい思い出してしまいます。

私が1年間住んだマリ共和国は、国土の70%がサハラ砂漠という乾いた国。
でも雨季には激しい雨が降ります。
道路整備がよくないので、道はあっという間に泥水であふれます。
汚くって、歩くのにはかなり勇気がいります。

村へいくと事情はもっとすごい。。。
私が寝泊りしていた村は、ある晩ものすごい雨が降ったせいで、道が水没してしまい、村から外に出られなくなりました(^^;)。
元々が乾燥地ですので、翌日には水は引いていましたが、道は道でなく、たんなる泥集積所みたいな感じになってましたっけ。

雨はほとんどの場合、夜突然来ます。(昼間の時もありますが)
暑いのでみんな外にゴザを引いて雑魚寝していたりしますが、サ~っと風が吹いてくると、全員パッと飛び起きて、ゴザを丸めて家の中に入ります。

私のような外人が平気で寝続けていると、
「おいっ!!雨が来るぞ!!起きろっ!!!」
と、文字通り叩き起こされます。

なぜなら、雨はもの凄い強風と共に、急にやってくるからです。
ぼやぼやしていると風に飛ばされたりして、酷い目にあいます(^^;)。

アフリカの田舎の家にはガラス窓なんてしゃれたものはありませんから、トタンの雨戸を締め切って、入り口もピッタリしめて、ムンムンと暑い中を必死に耐え続けます。
(その暑さと言ったら。。。^^;)

めったに過ごすことのない部屋の中で、ザーーーッ、ビューーーンともの凄い音だけを聞きながら、自然の凄さを感じることになります。

所詮人間は自然の一部。。。

その中に溶け込んで、共存しながらしか、生きることはできない。。。

そんなことをしみじみと感じる瞬間です。

村ではほとんどの家が泥レンガでできていますので、酷い雨の日には冗談抜きで家が崩れてきます(^^;)。
水の音がひどかったり、「気配」を感じたら、どんな酷い雨であっても、すぐに出口から出なくては危険です!!

私は運よく家が崩れる現場には居合わせなかったのですが、ある日、首都にある事務所から村に行ったら、自分の家が崩れかけて修理中だったことがあります。
一応、泥にセメントを混ぜ、屋根もトタンの立派な家だったんですけどね。。。
強風でトタンは上に浮いてしまって、針金で飛ばないように押さえてありました。
いやはや、アフリカの風はすごい。。。

そして実は、雨季に一番困るのは、何と言ってもトイレです!
アフリカの村のトイレは全部野外。
もちろん、天井はありません!!
人から見えないように何となく囲ってあるのが普通で、壁があればいいほうなんです。。。

ですから、ザーザー雨が降っているときは、ひたすらトイレを我慢することになります。
どうしても我慢できないっ!!というときは、ずぶぬれ覚悟で外に出て行くことになります。
そして、風に飛ばされないように必死に踏ん張るしかありません。。。
その姿と言ったら。。。。(^^;)←経験あり

でも、そんな雨が上がった後の空気のすがすがしさと言ったら!
そして、雨季に咲く花々の美しさ。。。
心が洗われるようです。

古い写真を取り込むスキャンがないので、皆さんに写真をお見せできないのが本当に残念です!
ああ~、こんなことを考えていると、またまたアフリカに帰りたくなってしまいます!
でも、帰りたいって思えるような好きな場所があるって、幸せですよね♪

いつかそのうち、またアフリカの土を踏むことを一つの夢として、今日もここで精一杯生きたいと思います。

 

 

  • メルマガ登録
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • 2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • FaceBookバナー

タグ一覧