現実的スピリチュアル・ライフのススメ

カテゴリ:│・・・自分の役目を知る

自分の役目を知る・・・♪

こんにちは、菊山ひじりです。

今日は、自分の役割の気づき方について、ヒントを書いてみますね。

サロンでのスピリチュアルカウンセリングの際に、「私の今世の魂の役割は何でしょうか?」とよく質問を受けます。
人生の岐路に立っていたり、また転職を考えている方には、特に関心の高い問題だと思います。
これを知っているかどうかで、人生設計にも大きく関わってきますものね。

 

「役割」というのは、決して仕事や職種という意味ではありません。
また、例えば「妻」とか「母」とかの役割でもありません。

 

仕事だとか、妻とか母とかいう立場は、その時々に変わって行くものです。
ですから、実はそれはどうでもいい、と言えます。
反対に、そういうものに拘っていると、人生の本質を見失います。

 

本当の意味での役割とは、自分の個性が生かされる事です。
そして、その個性が年齢やその時に居る場所などの諸条件によって、一番役に立つ形になったもの、それが役割です。

 

例えば私の場合は、どうやら「新しい意識を伝えること」がメインの役割のようです。
今まで色々なお仕事をしましたし、海外で仕事をしていたこともあります。
でも、どんな仕事をしていても、「新しい意識の持ち方」を伝える立場にいました。

 

派遣社員として某一部上場企業に勤めていた時は、効率の悪い古い事務のやり方を代々続けている部署に入り、あまりにイライラしたので(笑)、自分に出来る範囲でファイリングのやり方を全部変えてしまいました。
今までのやり方を改革することに対して最初は嫌な顔をしていた正社員の女性たちが、実際に業務をしてみると非常にやり易いことに気づき、最後はとても信頼して仕事を任せてくれるようになりました。
つまり、実務上で彼女達の意識を変える事が、私のその時の役割だったと考えられます。

 

マリ共和国で村落開発プロジェクトを運営していた時は、村の女性達に保健衛生の啓蒙普及をしたり、識字教室を開催していました(実際には現地人スタッフがやるのをコーディネートするだけですが)。
また、片言の現地語を覚えて、自分でも裁縫や編み物を実地で教えていました。
先進国の外国人、というだけで現地の人たちからみると大きな刺激があります。
そんな刺激となる立場で、識字や手芸の技術を教える事は、現地の意識を根本から変えることにつながっていったのです。

 

さらに、セネガル共和国に居た時はタロットカードを持参していたので、プロジェクト運営とは全く別のプライベートな時間でしたが、現地に住んでいる日本人相手に占いとカウンセリングをしていました。
主に現地での恋愛相談でしたが、これも狭い日本人社会の中で煮詰まっている関係性に対して、違う視点からアドバイスすることで新しい意識の持ち方を伝えていました。

 

そして今は、カウンセリングやセミナー、著書、ブログを通して、新しい意識(スピリチュアルな視点と現実的な考え方のバランスのとり方)をお伝えしています。

 

このように、私の場合はどのお仕事をしていても、必ず「新しい意識の使い方を伝える」という役目が与えられます。
そして、その役目がある事は、必ず天のサポートが入って上手くいっています。

 

実は、私は決して「セラピストでなくてはならない」とは思っていないんです。
今はセラピストという役目が与えられているのでやっていますが、あくまでポイントは「新しい意識の持ち方を伝える」と言う事です。
ですから、セラピストという形に拘ってはいません。
どんな仕事をやってもその役目は変わりませんし、そもそも仕事でやるのかどうかは二の次だと思っています。
この余裕が、セラピストとしての活動が順調であることに結び付いているのは、なんとも面白いと思います。(そして、感謝です☆)

 

皆さんも、こういう観点から考えてみると、自分の役目が分かってきます。
今までの人生を振り返って、いつもどんな立場、どんな個性でしたか?
例えば、

いつもリーダー役、先生的な役割とか

いつも補佐役、サポート役とか

新しい事好きで、いつも先駆者として活躍するとか

堅実で保守的なので、管理は上手とか

一緒にいるとほんわか癒されると言われるとか

地味だけど安心できる存在とか

それが分かっていると、自分の役割に気づきやすくなります。
自分の個性が一番いい形で生かされて上手く行く事が、自分の役目なのです。
会社勤めであろうとも、フリーランスであろうとも、仕事の種類が何であろうとも、それはどうでもいいのです。

 

大切なのは、その中で自分がどんな事をやるのか。
自分の個性が生かされているのか。
自分はそれをやっていて楽しいのか。
全てはそこに尽きます。

 

こんな観点から、ぜひ自分の今までを見直してみて下さい。
そして、自分で「〇〇だ!」と思っても、もしそれが上手くいかないなら、それは今は役目ではない可能性が高いです。
役目が与えられていることは、必ず上手く行きます。
その辺りもよく考えてみると、きっと何かヒントが見つかりますよ。

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

 

自分の役目を知る~セラピスト編~

こんにちは、菊山ひじりです。

 

先日、イギリスの大学院に在籍し、現在日本に滞在しながら日本文化について研究されている博士課程の学生さんからメールが来ました。
その方は、日本のスピリチュアルについて研究されていて、学術論文を書くために、日本のヒーラーや霊能者にインタビューをしているそうで、私にもインタビューをさせてほしいというお申込だったのでした。

 

非常に流暢な日本語のメールに驚き、日本のスピリチュアル業界について研究する外国人・・・という部分にも単純に興味が湧きまして(^^)、インタビューをお受けすることにして、今日の午前中にお会いしてきました。

 

その方はヨーロッパの某国の男性でしたが、何ともまあ、波動が日本人でした~(笑)♪
ファミレスで話をしていても、周りの景色に見事に溶け込み、全然浮いていないんです。
正直、うちの子の方がよっぽど外国人波動です(笑)!

 

小さな頃からクラスメートに日本人がいて親しくしていたそうで、きっと過去世は日本人だったのだろうなぁ・・・と確信させる方でした。
日本に興味があって研究しているうちに、なぜかスピリチュアルを題材に選んだそうなのですが、これも何かきっと役目があるのでしょうね。
面白かったです☆

 

私の活動に関するインタビューが終わったあと、他のインタビューから得たという色々な情報も頂き、とても有意義な時間でした。
ただ、その中のお話で気になったのは、彼がインタビューした30人位のヒーラーの多くは、ほとんど施術経験がないということでした。

 

そして、ほとんどのヒーラーは、元々特に能力があったということではなく、ヒーラーになりたいと思ってヒーリングスクールに通い、先生から習った通りにヒーリングをしているだけなのだそうです。
これにはちょっとビックリしました☆

 

それってとっても怖いことですよね・・・。
せめてアロマや鍼灸、その他整体等をはじめとする技術系の資格を、ヒーリングとは別に持っているのでしたら話は別です。なぜなら、その部分についてはそれなりの技術があるので、最低レベルのサービスが提供できるからです。

 

でも、もしヒーリング(エネルギーワーク)だけやっているのだとしたら、もともと感覚がなく、施術経験もほとんどないような方々に診てもらう・・・ということになりますから、それは本当に恐ろしい事だと思います。
経験を積むためにボランティアで無料でセッションしたり、低料金でのセッションというのならまだ分かります。

でも今日のお話では、皆さん最初からかなりの金額の有料セッションをしているようでした。

 

時々仲の良いヒーラーさんや霊能者さんと話をすることがあるのですが、やはりこういうお仕事というのは、自分がしたいからするのではなく、「役目を与えられる」「人々のために用いられる」という観点が必要ではないかと思うのです。

なぜなら、ヒーリングとは、癒しを必要としている人の為にあるのであり、ヒーラーがやりたいからすることではないからです。

 

今日もお話の中に出たのですが、最近のスピリチュアルブームによって、「特別な能力が欲しい」「特別な存在になりたい」と思う方が増えて、多くの方が本来の自分の役割を見極めないで、ヒーリングやサイキック能力を取得するために、無駄で膨大なお金と時間を費やしているような気がします。
それは非常にもったいない事だと思います。

 

そして、もし役目がなければ、サロンを開業してもきっと人は来ないでしょう。
それを無理に広告を打ったりしてつなぎとめようとしても、それは意味のない事なのです。

 

もし役目があれば、ヒーリングスクールに行かなくても、必ず必要な能力は備わります。
もちろんスクールに行ってテクニックをさらに磨くのは良いことですが、はっきり言って必須ではありません。
また、必要とされる十分な施術経験も、役目があるなら自然な形で与えられます。
例えば、私や私の親しい方々は、皆幼い頃から自然と能力が開花し、本当に自然に道がついていった感じなのです。
そういう流れや役目が与えられていない限り、人を癒すというのは、なかなか難しいと思うのです。

 

人間というのは、自分の持ち場が必ずあります。
それをしっかりと見極めて、自分が持ち場で自分の力を発揮したとき、本当に心も体も満たされるのだと思います。
それこそが、魂の願いを実現するということなのです。

 

そして、それは私も同じことだと思っています。
今はこうしてセラピストとして用いられていますが、もし私のセラピストとしての役目が終わったならば、きっとそれなりに別の道に行くことになるでしょう。
そこら辺はちゃんと見極めないとならないな・・・といつも自分に言い聞かせています。

 

ぜひ周りに惑わされず、自分の道をしっかりと見つけて、ぶれずに歩んでいきたいですね♪

 

<関連記事>

自分の役目を知る・・・♪

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

 

 

  • メルマガ登録
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • FaceBookバナー

タグ一覧