現実的スピリチュアル・ライフのススメ

カテゴリ:│・・・ネガティブな出来事の意味

ネガティブな出来事の意味~その3~

こんにちは、菊山ひじりです。

 

昨日に引き続き、「ネガティブな出来事の意味」 の3回目です。

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

今回は、ネガティブな出来事を引き寄せない=ネガティブな出来事から卒業する方法を書いてみますね。


今回は、知り合い以上の関係性においての問題を想定して書いています。
戦争とか、100%相手に非があると認定されるような交通事故とか、全く見ず知らずの人から突然襲われる、といった運命的且つ悲劇的な出来事とは違うレベルとお考え下さい。
本当は、運命的な事故なども、過去世の問題などを考えて行くと、必ずカルマの清算という問題が出てくるのですが、それは実証できないことですので、ここではそれは問いません。

 

前回も少しふれたのですが、ネガティブなことにフォーカスしていると、さらにネガティブな事を引き寄せます。
例えば、自分が友達を作る際も、気が合うとか、話が合うとか、自分と合うところがある人と仲良くなりますよね。
それと同じで、自分の中にネガティブなものがあると、それに合うものが引き寄せられてくるのです。
全てのものは、同じ波長のものに引き寄せられるのです。

 

つまり自分が望んでいないと思っているネガティブな出来事も、実は自分が引き寄せているのです。

 

ですから、まずはその事実に気付き、認めないと、それを卒業して先に進めません。
つまり、ネガティブな出来事から卒業するためには、自分の中にあるネガティブなものを見つめることが必要なのです。

 

自分の中にあるネガティブなものを見て行くのは、勇気がいることです。
真っさらな人間はいませんから、よく心を覗きこむと、ドロドロしていたり、黒々していたり(笑)、色々なものが見えてくると思います。
それを裁かず、責めず、ただ淡々と認めて行くことが大切です。
では、その具体的な方法をお教えしますね。

 

<ネガティブな出来事から卒業する方法>

(1)相手を分析する

自分にとって嫌な相手がいるとします。
まず、どういう部分が嫌いなのかをよく観察します。
そして、細かく書いていきます。

<例>
「いつも人の悪口を言っている。」
「すぐにネガティブな事を言う。」
「なんでも悪く捉える。」

 

(2)自分を振り返る

次に、自分自身を振り返ります。ポイントは以下の2つです。

・自分にも同じ傾向はないか?
・相手の気持ちを触発するような部分がないか?

<例>
・私は人の悪口やネガティブな事は言わない。⇒でも、言われた事をいつまでも気にしてしまうかも・・・。
・私は何でも悪く捉えることはない。⇒でも、相手を嫌だと思うということは、ネガティブな感情だ・・・。

 

(3)自分を分析する

そこで、自分の傾向をさらに分析していきます。
この例では、こういう風に考えてみましょう。

「なぜ私は、いつまでも言われた事が気になるのか?」

気になるというのは、自分も他の人に対して、ネガティブな想いを抱いているからです。
なぜなら、人を悪く思わない人は、他の人に何か言われても、それに悪い意味があるということにさえ、気付かないものなのです。
相手の悪意が分かるということは、それは相手と同じネガティブなものが自分の心の中にあるということです。

 

また、すでに自分で気付いたように、相手に対してネガティブな想いを抱いていれば、相手の悪い点が余計増幅されて感じてしまうのは当然です。
さらにそのこちらの気持ちを相手が感じ取り、自分に対して敵意を抱く事も当然あることでしょう。

 

また、直接相手への悪意がはなくても、例えば自分の中に劣等感があると、相手の中に潜んでいた劣等感を刺激して、こちらに攻撃が来てしまう・・・というようなことも起きてきます。
つまり、結局は自分の持っているネガティブなものが、相手を触発し、ネガティブな行動を引き起こしているのです。


なお、この分析は、自分では難しい場合もあります。
その場合は、信頼できるセラピストに助けてもらうのも一つの手だと思います。
どんなに痛くても、この部分を見つめない限り、いつまでも同じ事が続いてしまうからです。


この原則は、ポジティブな事にもあてはめられます。
ポジティブなものを持っていれば、相手の中のポジティブな部分を触発して、ポジティブな行動を引き起こしていくのです。
すると、良い連鎖が起きてきて、さらにハッピーになることができます。

 

(4)分かったことを、淡々と認める

自分がネガティブな想いを持っていることを責めても意味がありません。
人間には嗜好というものがあり、好き・嫌いという感情があるのはある意味正常なのです。
それを無理に抑えつけても、余計おかしくなってしまいます。
ともかく、まずは認めてみましょう。


(5)愛を持って受け入れる

人間として正常だと言っても、好き・嫌いという感情に振り回されるのは、人間として成熟しているとは言えません。
その感情は、淡々と認めて増幅せず、相手を愛を持って受け入れることが必要です。

 

愛とは、好きという感情ではありません。
愛とは、相手を認める、相手の存在を受け入れるという、積極的な選択です。
好きになれなくても、愛そうと決めることはできるのです。

 

「あの人はネガティブだけど、自分にも同じところがあるし、こうして出会ったのも何かの縁。反面教師として学べるところを感謝して受け取ろう」

 

と決めると、自分と相手の関係性のエネルギーが愛に基づいたものに変わってきます。
すると、関係性が変わってきます。
奇跡のように、変化が起きてきます。

 

どうしても「愛」という単語を使えないくらいしんどい場合は、「諦める」で代用しても構いません。
まずは現状を少しでもポジティブな方向性に変えていくことが大事ですので。

愛があれば、どのような関係も改善していきます。
また、自分が成長してエネルギーの質が変わってくると、縁が自然と良い形で切れてきます。
その頃には、縁がなくなることが寂しく感じられたりするでしょう。
そして、実は相手の存在は天から与えられたギフトだった、と気付くようになるでしょう。

 

このような形で卒業すると、もう同じネガティブなものは引き寄せなくなります。
私もそうでしたが、実際ピアニシモのクライアントさんにも、人生の辛い学びを超えて、奇跡の変化を体験した方が何人もいらっしゃいます。
ですから、自信をもってお伝えできるのです。

 

もちろん、人生の学びは色々ありますから、簡単にいくとは限りません。
特に、相手に対して怒りを持っている場合、なかなか自分の非を認めることはできないでしょう。
試行錯誤しながら、時には進歩を感じ、時には後退を感じながら、少しずつ進んでいくことになると思います。

 

でも、それも人生。
そう思うところからしか、前には進めません。
前に進めない限り、いつまでも今の状態が続きます。

 

私の人生にも、まだブログに書いていない様々な事件がありました。
よほどカルマが深かったんでしょうねー☆(苦笑)
慟哭の涙なしには語れないような、様々な出来事がありました。

 

でも、今は本当に幸せな日々を送っています。
人生は自分の意識で、全く違うものに変えることができるのです。
保証します!道は、必ず開けるのです。

 

今渦中にある方も、ぜひ勇気をもって、幸せになるための決断をしてみてくださいね。
今がどんな状態だったとしても、絶対に幸せになれますよ。
心から応援しています!!

 

 

<関連記事>

 

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

~関係を手放すことで得られるもの~

~手放すための方法 その1 決心をすること~
~手放すための方法 その2 新しいストーリーを創る~
~手放すための方法 その3 ポジティブな環境を作る~
~手放すための方法 その4 セラピーを受ける~
~手放すための方法 その5 祈る&瞑想をする~

最初から強い人はいない  
幸せを手に入れる秘訣  

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

ネガティブな出来事の意味~その2~

こんにちは、菊山ひじりです。

 

「ネガティブな出来事の意味」 の2回目です。

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

今回は、一生懸命誠実に頑張っているのに、なぜ不運なことが起きるのか?について考えてみたいと思います。

 

今回は、知り合い以上の関係性においての問題を想定して書いています。
戦争とか、100%相手に非があると認定されるような交通事故とか、全く見ず知らずの人から突然襲われる、といった運命的且つ悲劇的な出来事とは違うレベルとお考え下さい。
本当は、運命的な事故なども、過去世の問題などを考えて行くと、必ずカルマの清算という問題が出てくるのですが、それは実証できないことですので、ここではそれは問いません。

 

よくリーディングの際にクライアントさんがおっしゃることに、人生の理不尽さがあります。

 

誰かの為に尽くしたのに、捨てられた。
努力しているのに、分かってもらえない。
何も悪い事をしていないのに、どうしてこんな目にあうのか。

 

それには、お一人お一人の現世での事情、カルマ的背景、今世のテーマ、現在の魂の学びなど、様々な要素が絡み合っています。
決して「〇〇が原因です」と一言でまとめられるものではありません。
また、自分だけでなく、相手や関係者の事情や学びもありますから、答えは一つではありません。

 

ただ一つ言えていることは、そもそも人生とは学びの場なので、しんどいことがあるものなのだ、ということです。
それが人生なのです。

 

人生は、決して悪いことばかりではありません。
よく見渡してみれば、手にしている小さな幸せは沢山あるはずなのです。
また、今は幸せに思えないことが、後に素晴らしい道を開いてくれることもあるのです。
例えば、夫婦関係でもめて別れた、ということが後に幸いして、もっと良い人と出会ったりすることは、本当によくあることです。

 

でも、人間はつい「今この瞬間に自分が欲しいと思っている物事」だけに執着してしまうので、他の選択肢や、未来の可能性というような、別のものが見えなくなってしまいがちなのです。
そして人間は不快な感覚を嫌いますので、ネガティブなことにはより敏感になりがちで、不幸を余計クローズアップして感じてしまうものなのです。

 

ポジティブにフォーカスする、つまり、自分の幸運をどれだけ認めて感謝できるかは、人生はそれを学ぶ場といっても過言ではないくらい、大切なことです。
それには、自分の狭い思考だけに埋没しないことが大事です。

 

実際には、なかなか気持ちがついていかなくて、難しいとこも多いと思います。
でも、そこは自分なりの方法を見つけて、気持ちを切り替える訓練をすることが必要です。
それも、学びの一つなのは確かです。

 

そして、それには「こうすればすぐ楽になる」というような特効薬や処方箋は、残念ながらないのです。
焦らず、根気よく、自分の心を強くしていくしかありません。

また、次回詳しく書きますが、ネガティブなことにフォーカスしていると、さらにネガティブな事を引き寄せます。

全ての出来事は、自分が引き寄せているのです。

今まで3000人以上の方のセッションを行いましたが、全く本当に何もその人に非がないケースは、ほとんど見た事がありません
でも、皆さん例外なく「自分はちゃんとできている」「自分は悪くない」と思っているのです。

 

私自身の過去の経験を振り返っても、やっぱり「自分は悪くない」と思う傾向はありましたねー☆
今思えば、自分にも多くの至らない点があったと思います・・・(-_-;)。
振り返ってみれば、


「あの時、相手の気持ちをちゃんと受け止めてあげていれば」
とか、
「あの時、もっと本心をしっかり伝えるべきだったんだな」とか、
「あの時、もっと思いやりを持って接していれば」とか、

自分の対応次第では別の展開があったということも分かります。

 

でも、その時はまだそこまで成長していなかったので、できなかったんです。
そして、自分の問題点を認めるまでには、それなりに時間がかかりました。
だから、同じような出来事が続いたり、なかなか抜け出せなかったのです。
人間のエゴとは、なんて頑固なのでしょう・・・と我ながら本当に反省です。

 

人間とは、不完全な生き物です。
自分では一生懸命やっていると思っていることが、周りから見ると単なる思い込みだったり、独善的だったり、相手の気持ちを無視している・・・ということは、よくあることなのです。
そういう事を通して、人間としての成長のために学びをするのが人生だとすると、相手との関係性の中で問題が起きたときに、自分だけが被害者ということはあり得ません。

 

被害者だと思いこんでいても、よく分析してみれば、自分の態度、言葉、醸し出す雰囲気などが、問題の原因の一つだった・・・ということは多いのです。
つまり言いかえれば、自分で気付かないうちに、自分にとって辛い試練を自ら引き寄せているわけです。

 

全ての関係性における問題は、フィフティ・フィフティです。

「どちらか一方だけに非がある、ということはない」

という点を認めていくと、起きたことの理由が、自分なりに分かって来ると思います。

 

なお、自分にも非があるからといって、自分を責める必要は全くありません。
なぜなら、先ほども書きましたように、そもそも人間とは不完全なものなのです。
自分もですが、もちろん相手もです。
ですから、お互い様なのです。
そのお互いの不完全さを認め、許し、より良い方向に行くように努力していくことに、エネルギーを使えばいいのです。
後悔することに時間とエネルギーを注ぐには、人生はあまりに短かすぎますから。

 

次回は、どうすればネガティブな出来事を引き寄せずに済むのか、について考えたいと思います。

 

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

<関連記事>

~関係を手放すことで得られるもの~

~手放すための方法 その1 決心をすること~
~手放すための方法 その2 新しいストーリーを創る~
~手放すための方法 その3 ポジティブな環境を作る~
~手放すための方法 その4 セラピーを受ける~
~手放すための方法 その5 祈る&瞑想をする~

最初から強い人はいない  
幸せを手に入れる秘訣  

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

ネガティブな出来事の意味~その1~

ヒーリングな毎日 ★愛と幸せを引き寄せる方法★-flower
    
本日クライアントさんより頂いたお花です♪
ピンクとパープルの色合いがロマンチックで素敵です♪
O様、ありがとうございました(^^)

 

こんにちは、菊山ひじりです。

先日シリーズで書いた「関係を手放すことで得られるもの」 は、沢山の方からコメントや感想、メッセージを頂きました。
同じような経験をされたという方も多かったですし、違う体験にその考え方を当てはめて腑に落ちたという方もいらっしゃいました。
少しでも参考になったのでしたら、本当に嬉しいです(^^)。

 

その中で、このように質問された方がいらっしゃいました。

 

でも、菊山さんのようなグローバルな高い志を持ってして、
アフリカの女性や子供に知識啓蒙活動をされると言うこの上ない人道的貢献をしたはずの人に、
運命とやらは、何を学ばせたかったのですか?
その活動の徳だけじゃ、幸せな後生は送れないのでしょうか?

試練とは理不尽な気がします。

 

まず最初に書きますと、私には別に徳はありません(^^;)
何か凄い事をしようと思ったわけでもなく、ただ自分がやりたくて、好きでやっていた活動ですので・・・。
その点、どうぞあまり美化&誤解なさいませんように・・・。

 

その上で、私の事情を差引いて単純化すると、このご質問はこういう意味になるかと思います。

「この学びの意味は何なのだろう」
「今まで一生懸命やってきたのに、どうしてこういう目に合うのだろう」

恐らく多くの方が、ご自分の試練の体験に関して感じる疑問だと思います。
これは大切なことだと思いますので、3回に分けて書いてみたいと思います。

 

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

まず、今回は、「学びの意味」についてです。

私もリーディングセッションで、よく「学びですねー☆」と申し上げることがあります。
また、クライアントさんからは、「この出来事の意味は何ですか?」とよく聞かれます。

 

では、学びって何でしょうか?
何か絶対的なものなのでしょうか?
こういう事件にはこういう学び、こういう意味、ということが決まっているのでしょうか?

 

実は、出来事には意味はありません。
人間関係について、一見ネガティブな事件が起きるとき、そこにあるのは、ただ事件があったという事実だけです。
そこには、良いも悪いもありません
ある人間と人間が、互いの事情・感情によって、すれ違ったり、ぶつかったり、何かの現象が起きるわけです。

 

そこに、どう意味をつけ、または意味を読み取っていくかは、その人次第です。
「絶対的にこういう意味」
「絶対的な善悪」
など、存在しないのです。

 

学びで一番大切なのは、その出来事からどういう意味を読み取れるのか(=どういう意味をつけるのか)ということです。
ですから本来であれば、誰かにどんな学びだったかを聞くより、自分で見つけられるほうが重要なのです。

 

とはいえ、渦中にはなかなかポジティブな意味を読み取ることは難しいですよね。
また、そもそも限界のある自分の頭の中でグルグル考えても、良い意味を見出せなかったりします。
ですから、誰かに相談したり、セラピーを受けたりして、自分の視野より広い観点からアドバイスを受けることは有意義だと思います。
自分には分からなかった、新しい意味を見つけるきっかけになると思います。
但し、妄信はいけません。「占い師さんがこういっていたからきっとそうなんです」という勘違い発言をどれほど聞いたことでしょうか・・・ -_-;。意味は自分で決めましょうね)

 

では、その学び・意味にはどんなものがあるのでしょう。
例えば、現世的な観点から考えると、何が直接の原因だったか、という学びができます。

性格の不一致。
利害の不一致。
周囲の人間や、状況とのめぐり合わせ。
コミュニケーションの問題。
将来へのビジョンの相違。
エゴを満たそうとする無意識の欲求、など・・・。

 

前世やカルマ清算的にみると、現世とは違う原因が出てきます。

前世で相手に害を与えた。
前世で決着がつかなかったので現世も戦っている。
誰かに害を与えたのがこういう形で現れ清算している、など・・・。

 

心理的な部分からみると、心の成長という学びが出てきます。

処世術を学ぶきっかけとなった。
現実の厳しさを知ることができた。
人間の心理を学ぶことができた。
心が強くなった。
自分の至らない点が分かってきた。
どうすればいいか分かってきた、など・・・。

 

の観点からみると、今度はこういう意味がつきます。

魂を強くするための試練だった。
未来に予定されている出来事に備えるためだった。
行くべき道が違うので、事件を通して無理やり離れるようにした。
次の出会いへの準備だった。
今世乗り越えるべきテーマだった。
本来の道が別に用意されている、など・・・。

 

ここに挙げたのは、今ざっと思いついた例に過ぎません。
実際には、その出来事の種類によって、もっと違った意味が考えられます。
一つの出来事の中にも、いくつもが当てはまると思います。

 

ですから、一つの出来事には「この学びのためだった」とうい限定した意味しかないのではなく、それ以外にももっと沢山意味があるのです。
様々なレベルの世界が何重にも折り重なって、沢山の世界・沢山の可能性が繋がっているのです。

 

そして、その意味をどれだけ読み取れるか、どれだけ良い意味を見つけられるかが、その先の人生を実り多いものにできるかどうかの分かれ目なのです。

 

そう考えてみるとネガティブな出来事というのは、実は自分がステップアップするための、物凄いチャンスなのです!

 

ぜひ、起きたことにどんな意味が見つかるか、上記に照らし合わせて考えてみてください。
そして、そこに隠された良い意味を沢山見つけてくださいね。
素晴らしい実りを得ることができますよ♪

 

次回は、なぜ頑張っているのに不運なことがあるのか、そのあたりについて考えてみたいと思います。

 

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

 

<関連記事>

~関係を手放すことで得られるもの~

~手放すための方法 その1 決心をすること~
~手放すための方法 その2 新しいストーリーを創る~
~手放すための方法 その3 ポジティブな環境を作る~
~手放すための方法 その4 セラピーを受ける~
~手放すための方法 その5 祈る&瞑想をする~

最初から強い人はいない  
幸せを手に入れる秘訣  

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

  • メルマガ登録
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • FaceBookバナー

タグ一覧