現実的スピリチュアル・ライフのススメ

カテゴリ:│・・・カルマの法則

カルマの法則 その5~カルマを引き受ける~

こんにちは、菊山ひじりです。

今回は、カルマの法則の最終回。
他者のカルマを引き受ける、身代わりになる、ということについて考えてみます。


カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~ 

 

(10)他者のカルマを引き受ける、身代わりになる

お子さんが病気になった時などに、その苦しむ姿をみて、「私が身代わりになってもいいから、助かって欲しい」と思う親御さんが多いと思います。
実際に、子供を心配するあまり、子どもの症状が移ってしまう方もいらっしゃいます。
その病気がカルマと言うほど重くないときは、それが良く起こります。
それは、エネルギー的にシンクロするために起きるものです。

 

命にかかわる非常に重いカルマの場合はどうでしょうか?
実際には、親が身代わりになって助かる例もあれば、どんなに親が願っても、願いが叶わない場合もあります。
どうしてこのような違いがでるのでしょうか?

 

それは、身代わりになりたい、と思う側に、今世自分で解消しなくてはならないカルマが残っているかどうかにかかっています。

 

例えば、すでにほとんどのカルマを解消して(超えて)いる場合、他者のカルマを引き受けることができます。
それは、家族だけでなく、自分が望む人のものは、大体誰でも引き受けられるようです。
魂には、今世の家族は関係ないからです。

 

但し、自分に今世まだ沢山カルマが残っていると、人のものを身代わりすることはできません。
まずは自分のカルマから・・・ということになります。
それが、違いを生んできます。

 

(11)無償の愛による奇跡

なお、カルマの身代わりを引き受けるということは、非常に大きな無償の愛です。
その気持ちがある場合に、奇跡が起きることがあります。

 

例えば、瀕死のお病気の方が、家族や周囲の人々の献身的なサポートで治ったりする陰には、このような無償の愛があります。
必ずしも身代わりになってもらっているわけではなくても、そういう奇跡も起こります。
全ては愛の業なのです。
愛があれば、奇跡は起こるのです。

 

この辺りになると、もう本当に神の領域で、法則を超えていますので、全く予測は不可能です。
ただ、全てを天に委ね、自分の中にある愛を分かち合っていくだけです。

まずは、自分の心の中に、愛を感じてみましょう。
そして一歩踏み出して、他者と愛を元に交流していきましょう。
例えカルマを超えることができなくても、魂の観点から見れば、その愛の交流は何物にも代えがたい素晴らしい体験なのです。
その愛の交流自体が、奇跡なのだと思います。

 

(12)まとめ~カルマを超えて幸せになるために~

5回にわたってカルマの法則について書いてきましたが、カルマはとても奥が深く、私の足りない言葉で全てを表現することは不可能です。
また、書き漏れていることも沢山あると思いますし、表現が分かりづらい部分もあるかと思います。
ただ、日常レベルで皆さんがふと疑問に思った時に、少しでも解決のヒントになれば嬉しいです。

 

もし、「これはどうなの?」というような質問がありましたら、ぜひお送りください。
ブログ記事として、改めてお答えしていきたいと思います。

 

何度も繰り返しますが、カルマを全部超えられるかどうかは分かりません。
超えられることもあるだろうし、どうしても無理なこともあるでしょう。
それは神の領域であり、人間のコントロールの範疇を超えています。

でも、カルマは、恐れるべきものではありません。
現世的な感覚からいえば、ありがたくないカルマはあります。
でも、それを恐れていては、何も解決しません。

 

全ては自分の心、自分の意識から始まります。
どんな事が起きようと、それにポジティブな意味を見出し、前向きに人生を楽しんでいくことはできます。
意味をつけるのは、自分です。

 

今ここにいる自分を受け入れ、手にしている幸せを見出し、愛を育てていきましょう。
本当の愛、本当の喜びを知ったとき、幸せになるためには、どんな状況も関係ないことに気づくことでしょう。

幸せかどうかには、実はカルマなんて関係ないのですから。

全ての皆さまが、愛の中に素晴らしい人生を送られますように・・・♪

 

 


カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~ 

 

<関連記事>

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

カルマの法則 その4~カルマを超えるには~

こんにちは、菊山ひじりです。

今回はカルマの法則~その4~です。


カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~ 

 

今回は、カルマの受け止め方、そしてカルマの超え方について、考えてみたいと思います。

 

(8)カルマの受け止め方

最初から書いているとおり、カルマは無意識に刷り込まれていますので、それに気付かない限り抜けるのは簡単ではありません。
気付いたとしても、命にかかわるような重いカルマは、そう簡単に解消できるものではありません
その体験をすることが、償いとなってしまっているからです。

 

ただよく考えて頂きたいのは、大切なのは死なないことではなくて、自分の人生をどう生き切るかということです。
そもそも人間は死亡率100%です。
いつか絶対に死にます。
今この瞬間を、精一杯生きる以外のことは、実はできないのです。

「死=悪」ではありません。

その意味付け自体が現世的な意識であり、その観点から見る限り、魂の目覚めは起きません。
「カルマを避けよう」とするほど、そのカルマへのフォーカスによって、引き寄せてしまうことでしょう。

カルマがなくなれば幸せ、というのは「カルマ=悪いこと」という思い込みによってできた幻想です。

 

例えカルマがあろうとなかろうと、自分が生きていることに実感を持ち、今ここにいる不完全な自分を、ただありのままに受け入れ愛すれば、カルマという限界の呪縛を超えて、自分を輝かせることはできるのです。

 

カルマのない人生なんて、ありません。
そもそも、人生とはカルマで出来ているのかもしれません。
カルマがあるからこそ、人生に出会いがあり、学びがあり、喜びも見つけることができるのです。
何が幸いするのか、本当に分からないのが人生です。

 

今の状態に、ぜひ良い意味を見出してみましょう。
そうすることで、自分の持っているカルマを生かしていくことができます。
カルマを生かせれば、それはもう「ネガティブなカルマ」ではなくなります。

 

意識がポジティブに変わると、発するエネルギーが変わります。
エネルギーが変わると、自分の存在するステージが変わり、以前のステージのカルマを超えてしまいます。
ですから、その意識の改革こそ、カルマを超えていくためのカギなのです。

 

では、実際の日常レベルでは、どういう意識を持てばいいのでしょうか。
以下に具体的な意識の持ち方を書いていきますね。

 

(9)カルマを超える方法

①起きてしまったことを受け入れる。諦める。
まずは、今更どうしようもない出来事を淡々と受け入れることです。
すると、どう対処するか、どう気持ちを持っていくかという方にエネルギーを使えます。

 

②ネガティブな事にフォーカスしない。(考えすぎない)
自分の出したものが、自分に戻ってきます。
誰かを恨めば、自分も恨まれます。
嫌な事をされても、そこにフォーカスせず流してしまえば、それはその人に勝手に返っていきます。
放っておきましょう。忘れましょう。
執着することで、これ以上カルマを増やすのはやめましょう。

 

③被害者意識を捨てる
何事も、カルマの法則で動いています。
自分が今被害者ということは、加害者だったこともあるということです。
今の出来事だけに視野を狭めるのはやめましょう。

 

④自分の持っている幸せを数える
ないものにフォーカスせず、持っているものにフォーカスしましょう。
持っているものを生かしていくこと以外に、出来る事はありません。

例えば、世の中には、生まれつきお身体が不自由な方もいらっしゃいます。
不幸な境遇に生まれる方もいらっしゃいます。
それでも、前向きに生きて、幸せを見つけ、素晴らしい人生を送る方もいらっしゃいます。

私は20代の頃に重度の身体障害者施設でボランティアをしていましたので、お一人お一人に様々な事情があり、そう簡単に「前向きになれ」など言えない事も良く分かっています。それでも、その状況を乗り越えて幸せになるには、やはり前向きに生きるしかないのだ、という確信を得ていますので、敢えて書かせて頂きます)

 

反対に、五体満足に生まれ、家族や仕事にも恵まれているのに、不幸を感じる人もいます。
自分で何でも変えられる可能性があるのに、被害者意識に凝り固まって、文句ばっかり言っている人もいます。

結局、全て自分の意識にかかっているのです。
自分の持っている幸せを数えて受け入れましょう。

 

そして、最後はカルマを超える究極の方法です。

⑤愛を持って他者に奉仕する

愛は、奇跡を起こします。
愛を持って他者に奉仕しましょう。
特に、現世で過去のカルマに苦しむ他者に奉仕しましょう。

それも、「自分のカルマを消すため」などという下心ではなく、心から相手の幸せを想い、奉仕しましょう。
他者への心からの奉仕以上に大きな愛はなく、愛以外にカルマを本当の意味で消せるものはありません。

 

個人レベルのカルマのところで、「医者になり人命を救う」という例を出しましたが、それはこれの一つの形です。
意識的にするか、無意識でするかの違いはありますが、人を救うということ以上の愛の表現はありません。

心からの愛で行動するとき、私たちの波動は上がり、今まで属していた魂のレベルから上へと昇っていきます。
知らないうちに、次の魂のステージに上がってしまうのです。
すると、今までのレベルという枠組みのカルマを、自然と超えてしまいうのです。

 

次回は、他者のカルマを引き受ける、身代わりになる、ということについて考えてみたいと思います。

 


カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~ 

 

<関連記事>

ネガティブな出来事の意味~その1~
ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

 

カルマの法則 その3~戦争のカルマ~

こんにちは、菊山ひじりです。

 

今日も引き続き、カルマの法則について考えてみたいと思います


カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~
 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~ 

 

今日はその3、~戦争のカルマ~です。

 

(6)戦争のカルマ

国家のカルマに巻き込まれる例で一番重いものは、間違いなく戦争です。

例えば、自国が行う戦争からは、逃げることができません。
最近は中近東の戦争映像がニュースでも流れるようになりましたが、一般市民はどうすることもできず、銃声におびえて暮らしています。
また、男性は自分は戦争に行きたくなくても、強制的に参戦せざるを得ず、敵国の人間を殺していくことになります。
これは、個人レベルではどうしようもできない問題です。

最近不慮の事故等による死亡が多いのは、戦争のカルマだと言われています。

近代以降になってから大量破壊兵器が開発されたせいで、沢山の人が戦争に巻き込まれ、正義という名のもとに殺人行為を犯してしまったからです。
大昔のように、一人一人闘って殺していくのとは違い、遠くから銃を撃つことで、機械的に大人数を殺してしまうことができるようになったのも、よりカルマが大きくなった原因です。
原爆なんかは、その代表的な例だと思います。

 

自分は殺したくなかったとしても、殺してしまえばカルマは生じます。
様々な事情が配慮されても、やはり殺したという事実は消えないので、それなりのカルマになります。
国家のカルマは、個人のカルマにも非常に重大な影響を与えるのです。

 

なお、戦争のカルマに関して言えば、日本は第二次世界大戦の原爆投下によって、負のカルマがずいぶん清算されていると思います。
それは、その後の経済成長の著しさに現れています。
単に日本人が勤勉だったからではなく、日本人が原爆投下に関して、アメリカを恨み続けるような被害者意識がなく、淡々と前を向いて一生懸命頑張ったことで、サポートが入ったのだと思います。
(今後どうなるかは分かりませんが)

 

戦争は、マクロの視点でみれば上記のような解釈になりますが、ミクロ、つまり個人レベルの視点でみると、また違うストーリーが出てきます。
お一人ずつのカルマとの絡みによって、個人、家族、友人、地域などの中で、様々なドラマがあることでしょう。

 

(7)カルマの本質

今までカルマの原則や種類について考えてみました。
その中で、皆さんに気づいて頂きたいのは、カルマは、情の世界とは無縁な、ただのエネルギーの法則だということです。

 

そういう観点から見ると、例え悲劇的と思われる出来事も、決して被害者意識を持って見るべき悲劇的なものではないのです。
被害者とか悲劇的、という意味をつけているのは、人間の意識なのです。
カルマとは、自分の行ったことが、自分に戻ってきただけなのですから。

 

とは言え、過去世の記憶などない場合がほとんどですから、なかなかそう思えないのは当たり前です。
特にご家族や友人などの近い人に、悲劇的な事件が起きた場合など、冷静でいられなくなるのは正常です。
でも、どちらにせよ、「仕方ない」ことです。
そういう体験を通して関係者一同が何を学ぶか、そしてそれをその後の人生で何らかの形で生かしていくしかないのです。

 

カルマをどう受け止めるかという意識の問題は、人生を変えて幸せに生きるために、とても大切なポイントとなります。
次回は、カルマを上手に受け取り、上手に乗り越える方法について、考えてみたいと思います。

 

カルマの法則 その1 ~個人レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その2 ~集団レベルのカルマ~ 
カルマの法則 その3 ~戦争のカルマ~ 
カルマの法則 その4 ~カルマを超えるには~ 
カルマの法則 その5 ~カルマを引き受ける~  

 

<関連記事>

ネガティブな出来事の意味~その1~

ネガティブな出来事の意味~その2~
ネガティブな出来事の意味~その3~

 

各種個人セッション予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

o0350011012895705661
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中ラブラブ
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ
スピリチュアルカウンセリング

  • メルマガ登録
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • 2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • FaceBookバナー

タグ一覧