現実的スピリチュアル・ライフのススメ

カテゴリ:│・・・アフリカ思い出話

気温36度は涼しい!?

こんにちは、菊山ひじりです。

 

今年は凄い猛暑ですよね~
若いころは(笑)、暑いのが得意だった私♪
北欧なんて全然興味なくて、アフリカまで行ってしまったくらいですしねー☆

住んでいたマリもセネガルも、本当に暑いところでした。
でも、暑くてしんどいことはあっても基本的に元気いっぱい、生水だって平気だったし、太って帰国したくらいですから、合っていたんでしょうね♪

 

連日の猛暑に、ふと3年前に書いた記事を思い出しました♪
よかったら、読んでくださいね♪
2007年8月11日にアップした記事です♪なつかしい~♪

 

******************************

 

いや~、今日は本当に暑かったですね!
なんでも、全国的にこの夏一番の暑さだったそうです。
東京は36.4度だったそうで、これってハッキリ言って体温だし。。。。
ゆだりそうですよね。。。

 

さて、今では36度でブツブツ言っている私ですが、その昔西アフリカにあるマリ共和国というところに住んでいたときは、これどこの騒ぎではありませんでした。
サハラ砂漠のすぐ下っていうか、国土の70%はサハラ砂漠という国ですので、これが暑いなんてもんじゃない。
特に乾季の3月~4月にかけては、連日40度を越す暑さが続きます。

 

そして、村落開発プロジェクトにいた私には、この暑い季節は仕事の季節。
というのも、乾季なので農作業もできず、村の人に時間があるからなんですね。
ですから、電気も水道もなく、サハラ砂漠からの熱風が吹いてくる村にこもり、ひたすら暑さを耐えることになります。(電気がないから扇風機もないんですよ~~~)

昼間は暑すぎて誰も外にいません(冗談抜きで死んでしまいますっ!)。
ひたすら日陰で水をグビグビ飲んで、日が暮れるのを待つ毎日。
夕方になって少し日差しが楽になってから、現地スタッフたちと村々を回って、いろいろな講習会を開いたりしましたっけ。。。

 

ある日のこと。
日本から届いたばかりの温度計を持って、炎天下の中スタッフが外に出ました。
すると目盛はグングン上り、ひゃ~~~、(@o@) 42度を超したわ~~~っ!!!と思っているうちに、なんと!壊れてしまいました。。。(^^;)
温度計をも壊す、アフリカの太陽。。。

そんなこんなの激しい日々を過ごし、すっかり暑さにも慣れたある日のこと。
仕事もひと段落ついたので、首都バマコにあるプロジェクト事務所に戻りました。
さすが首都、電気も水道も一応あります。(毎日停電だったけど・・・)

それに、事務所は一軒家で庭があり、木々が茂っているので、なんとなく過ごしやすい感じ。。。
「あ~、今日は何だか暑さも柔らかくて、すっごい楽だな~。
ちょっと涼しいくらいだな~。一体気温は何度だろう?」
ふと部屋の温度計を見て、わが目を疑いました。

気温は、36度。。。

でも、本当に涼しいよ。。。

暑さに慣れるって、凄いことなんですね。。。

******************************

このアフリカの記事もぜひ読んでね♪
  ↓
レンタル双子

その他アフリカ関連の記事はこちらデス♪
    ↓
アフリカ思い出話

 

 

個人セッションご予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

 

 

手放して生きるとどんどん幸運がやってくる
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中
Amazonはこちら 

 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ 
スピリチュアルカウンセリング

アフリカの媚薬をゲットしました♪

こんにちは、菊山ひじりです。

 

アフリカといえば呪術・・・というのは、本当です♪
アフリカではたとえ都市部でも、いまだに人々は呪術やおまじないなどを信じ、また依存して生きています。

以前ブログにもちょっと書きましたが、私がマリにいたころは、バイクを盗まれた人が呪術師に頼んで、バイクと盗んだ犯人を捜しあてたんですよ~!
またセネガルにいた時は、占い師をやっているセネガル人の友人に見てもらう度、「こうしなさい」と具体的な捧げものとおまじないを伝授されました。

その他「呪術師が呪いをかけているところを見たことがある」と言う人にもあったことがありますし、某国の友人は「呪術をかけられてもう少しで殺されるところだった!」と不思議体験を教えてくれたこともあります。
呪術、占い、病気の際の祈祷など、いわゆるスピリチュアルな事が、日常のこととして受け入れられているのですね。

そんな西アフリカのセネガルに住んでいる友人が一時帰国をするというので、現地でとても有名な伝統的なお香「チューライ」を買ってきてもらいました。
このチューライ、実は媚薬として用いられるものなんですね~♪
少しフローラルでとっても良い香りのお香なのです♪
    
chuurai

使い方は超簡単♪
「今夜そこあのヒトを手に入れるワ♪」
という時にチューライを焚いて、その煙をスカートの中に充満させるだけ♪
簡単とはいえ非常に効果があるそうで、現地女性がこぞって行う、とてもポピュラーな方法だそうです。
どうりで、セネガルではこの香りがどの家でも香っていたわです(笑)。
私にとっては「セネガルの香り」でもあります。

またチューライはいわゆる「引き寄せ」の効果もあるのだそうです。
お客さんを引き寄せることを目的として、お店を女性に見立てて中でチューライを焚いたりもされています。
とても良い香りなので、それだけでも思わず引き寄せられてしまいそうですが(^^)。
チューライはわざわざ焚かなくても、小皿に入れてお部屋に置いておくだけで、ほのかな芳香が漂い、とてもいい効果があります♪
この中で瞑想したら、とても良い感じでしたよ~♪
アフリカのパワフルな祈りが込められている感じで、良いものをグングン引き寄せるような気が致しました(笑)♪

チューライの作り方は秘伝ということで、作る人によって多少のレシピの違いがあるのだそうです。
非常に奥の深いお香なのです。
もしご「チューライを試してみたいな」という方がいらっしゃいましたら、お分けしますので遠慮なくお知らせくださいね~。

今回はチューライだけでなく、アクセサリーやビーズも数種類買ってきてもらいました。
これは貝を使ったチョーカーです♪
日本でもエスニック雑貨屋さんで売っていたりして、比較的ポピュラーかもしれませんね。

    
kai
アフリカでは貝は強さ、堅固さの象徴です。
人生に対して強くいられますように・・・不運にも負けないように・・・、悪霊から固い殻で守られますように・・・という祈りをこめて、貝のアクセサリーを身につけます。
また貝は「必要に応じて閉じて身を守る」という柔軟さを持っているため、まさに人生の乗り切り方の見本を見せてくれるものでもあります。
こちらもいくつか数がありますので、お守りに欲しい方はお知らせくださいね。
責任を持って浄化&エネルギーワークをした上で、お分けいたします。
これはアクセサリー用のビーズです。

beads1

beads2

beads3

アフリカのビーズは形も不揃いですし、いわゆる洗練された感じではありませんが、作り手の祈りや大地のパワーが込められていて、とても力強いサポートを感じます♪
アフリカの人々の祈りのパワーって、半端じゃないですからね!

このビーズでお守りを作ったり、パワーストーンのアクセサリーに組み込んだりしたら面白いな~と思っているところです♪
近々試しにアクセサリーを作ってみようかと、ちょっとワクワクしています♪
出来上がりましたら、またお見せしますね~(^^)♪

 

満月に思い出したこと♪

今日10月15日は満月ですね~☆

東京では今美しい月が真上にのぼっています。
夕方には、東の方向に少し雲に隠れながら、まっ黄色でまんまるのお月さまが見えました。
それもとても美しかったです♪

 

最近、公私共に非常に忙しく、ゆっくりと月を見上げる余裕はありませんでした。
満月だということも、昨日思い出したくらいでして・・・(^^;)
文字通り走り回る日々を過ごしていましたが、先ほど久々に見た月は、心に沁みるような美しさでした。
言葉で表すのは、本当に難しいですが・・・。

今夜の月を見て思い出したのは、マリ共和国で滞在していた村の最後の夜の月です。
満月ではなかったのですが、ほぼ丸くなっていて、眩しく輝いて、本当に美しかった。
まだ離れたくなかった村でしたが、プロジェクトの任期が終わり、帰国するしか選択肢はありませんでした。

そんな最後の夜、私は一人懐中電灯を手に村を散歩していました(電気がないので、懐中電灯なしでは危なくて歩けません^^;)。
周りに聞こえるのは、風の音と動物や虫の声だけ。
熱い大地に立って、自然と一体になり、ただ無心に月を見つめていました。

月と私。大地と私。風と私。
その瞬間に、全て一つとなったような、一体感・・・。
あの時の月の眩しさは、今でも忘れられません。

人にはどうしても逃げられない運命というものがあることを学んだ、1年間のマリ滞在でした。
「運命なんて変えられる」というのは確かに本当なのですが、実際の現実レベルにおいては、やはりそう簡単に言いきれることではない・・・と身をもって知りました。

選択肢の多い先進国では、しがらみも少ないですし、一人で経済的に自立することができるため、可能性は高くなります。
少なくとも「必死に頑張れば」何とか良くなることが多いです。
でも、生きることで精いっぱいの途上国では、まず自立すること自体が一つのハードルになりますから、甘い夢を見ていては生きていけません。
自分に与えられた日々を、淡々と受け入れて生きていくこと。そしてそこに感謝を見出していくことが、生きる幸せを見つけるための一つの知恵となります。

つまりは、自分の居場所で、いかに生きていくか・・・そこに全てのカギがあるように思います。

そしてそれは、先進国でも同じこと。
今いる場所に不満を感じて、他の場所に行こうとしても、また同じことの繰り返しになるんですね☆

ポイントは、「いかに生きていくか」という、生きる姿勢ですね♪

な~んて、私も全然偉そうなことは言えなくて、日々反省ですが・・・(-_-;)
時間は遅くなりましたが、今からお月さまの光を浴びながら、しばし瞑想したいと思います♪

 

 

個人セッションご予約受付中
ヒーリングサロン ピアニシモの公式サイトはこちら
(平日は20時まで、土日祝日は18時まで)
1番人気は、対面ヒーリング&リーディング90分
2番人気は、スピリチュアル・カウンセリング50分(対面・電話・スカイプ)

手放して生きるとどんどん幸運がやってくる
全国の書店・Amazon、楽天ブックス等で好評発売中
Amazonはこちら 

現実的スピリチュアル
ヒーリングサロン ピアニシモ
ヒプノセラピー 催眠療法 レイキ 
スピリチュアルカウンセリング

 

  • メルマガ登録
  • 手放して生きるとどんどん運がやってくる
  • 自宅で簡単レッスン DVD&CD
  • ヒーリングショップピアニシモ

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

  • FaceBookバナー

タグ一覧